2018年12月10日

いきなり真冬

先週末は最高気温がマイナスだった函館です。
まるで1月、2月の極寒期のような天気。
時折吹雪のようになり、街中を走行していてもいきないブラックアウト状態になったりで怖かったー。

いくら北国人とはいえ、冬道・冬の生活にまだ体が慣れていません。
いきなり真冬はキツ過ぎる。

そんな中、雪が少し小康状態になったのを見て、完全防寒で近所の公園へ。

着いた途端、また降り出して。
b181210_5.jpg
近くの大木の下へ避難。

ところが、すぐ横の木から雪崩のように雪が落ちてきて・・・。
b181210_6.jpg

散々な目に合って早々に引き上げてきましたとさ。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:59| 函館

2018年12月07日

鮭を求めて

鮭の遡上、産卵が見られる川。
対になった背びれがあちこちに。
b181203_4.jpg

産卵後に終命した鮭、通称「ホッチャレ」もあちこちに。

それを狙ってカラスが木の上に集結。
真っ黒い花が咲いてる。
b181203_7.jpg
その下には鮭をついばむカラスも。

命を繋ぐものと終えるもの。
哀れとか、残酷とか、そういうものを超えた力強さが
そこにはありました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:33| 風景

2018年12月06日

鮭の産卵

川の浅いところでは、あちこちで鮭が散乱している様子が見られます。
水しぶきがあがったり、背びれの動きで分かります。

そこから先は孵化場で、上流へは行けません。
長旅を終えた最後の大仕事をこの場所で、と決めたのでしょう。

b181203_6.jpg

2匹並んだところ。
手前がオスでしょうか。
b181203_5.jpg

あちこちで行われている様子をしばし眺めていました。

それは感動的でもあり、哀れでもあり・・・・


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:05| 動物

2018年12月05日

池に落ちたモミジ

池の上と、中に積もったモミジの対比が面白くてパチリ。
b181126_7.jpg

昨日は15.6℃、12月の最高気温を記録した函館です。
12月1日からは、クリスマスファンタジーが始まっていますが
クリスマスとは思えない陽気でした、。

今日は一変、恐ろしい程の突風が吹いています。
北風です。
冬がすぐそこまで来ています。

紅葉も最後、と言ってから数週間。
こんなに遅く訪れるなら、もう少し紅葉を楽しませて欲しかった。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:44| 風景

2018年12月04日

エゾリスも平気じゃなかった

以前「エゾリスは平気?」とブログに書きました。

クルミの皮をむくと手が真っ黒になるけど、エゾリスは平気なの?
そんな内容でした。

その後、古い写真を整理していたら、こんな写真を発見。

大好きなクルミとキノコを前に、どちらにしようか悩み中のエゾリス。
b181203_1.jpg
暫く悩んでまずはクルミを選びました。一番好きなのはやっぱりクルミ!
その場で青い皮をむいて、おいしそうに食べ始めました。

クルミを食べ終わって休むまもなく今度はキノコ。
欲張りリスです。

キノコを食べている写真を拡大すると(画像荒いですが)、
なんと!!! 口の回りが昔のマンガの泥棒みたいに真っ黒。
b181203_2.jpg

やっぱりエゾリスも黒くなるんだ、と判って妙に納得。
疑問が一つ晴れたのでありました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:35| エゾリス

2018年12月03日

捕食シーンはちょっと苦手・・・

鳥の写真を撮っていると捕食シーンに遭遇します。

そういう時は、ズーム倍率をあまり大きくせず、
腰の引けた状態で撮影。

ヒヨドリが蛾を捕まえた
b181126_3.jpg

コゲラがアオムシを食べている
b181126_6.jpg

これ以上拡大して見られません。
倍率小さいのでなんだか分かりませんが。

捕食シーンはとにかく苦手・・・
猛禽類が小鳥を・・・哺乳類を・・・なんて
無理無理無理。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     

posted by mayphoto at 09:40|

2018年11月30日

冬も元気なエゾリス

年中元気なエゾリスですが、冬もますます元気。
b181126_8.jpg

雪の下からでもちゃんと、秋の間に埋めていた胡桃を掘り出します。

白一色の世界になると、元気なエゾリスの姿が見つけやすくなります。

今日の函館は昨日の雪で白い世界になりました。
まだまだ冬道に慣れていないので、車も歩行者も注意が必要です。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:15| エゾリス

2018年11月29日

寒そうな色

公園にあったムラサキの実。
葉っぱは完全に落ちて、細い枝に紫色が妙に寒々しい。

b181120_3.jpg

帰って調べたら、ムラサキシノブでしょうか?
それも、ほとんどの実は落ちて、少しだけ残った状態?

初雪が降った後、10℃を越える日もあり、今日は午後から雪の予報。
でも来週前半はまた10℃を越える予報。
この時期は、天気に翻弄されます。
冬とも言えず、秋でもない、中途半端な感じ。
晩秋とか初冬、それもなんだかしっくりこない。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:21| 風景

2018年11月27日

晩秋のトラピスチヌ修道院

観光バスが頻繁に訪れるトラピスチヌ修道院ですが
さすがに晩秋から冬にかけてはシーズンオフとなります。

この日も観光バスは1台くらい。

ゆっくり見学ができます。

紅葉したルルドの洞窟、マリアとベルナデッタ像
b181112_5.jpg

b181112_6.jpg



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:13| 函館

2018年11月26日

どうしても気になるマムシグサ

秋の野山で目を引くのが「マムシグサ」。
どうしても気になってしまいます。

名前も凄いけど、何と言っても見た目のグロテクスさ。
b181029_12.jpg

枯れ野の中でこれは目立ちます。
ただ、この実を食べている鳥をまだ見たことがありません。
鳥には、この実はどんな風に映っているのかな?



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:57| 植物